教員紹介Researcher

助教神長 暁子

Akiko Kaminaga

専門分野

  • 物理化学
  • 非線形化学
  • 電気化学

メッセージ

 動物の表皮の模様や、地層や岩石の構造、乾燥地域の植生のパターン等、自然界には、全く異なるところでもあるに関わらず縞や斑状等の類似したパターンが数多く見られ、そのサイズも大小様々です。化学反応と物質の拡散とを組み合わせた反応-拡散系においても同様なパターンが自然発生することがあり、これには、反応を活性化する物質と抑制する物質の反応速度と、拡散の速度が密接に関係しています。反応-拡散系を通して、パターン形成の原理の解明と、パターン形成を利用してできることの可能性を考えています。

担当講義

  • 反応速度論
  • 化学熱力学
  • 物理化学基礎
  • 物理化学実験
  • 生命化学基礎実験
  • 理科教材研究法Ⅰ

研究内容

 化学反応を利用した、非線形性により自発的に発現する時空間パターンの研究。化学振動反応であるBelousov-Zhabotinsky反応やpH振動反応が示す時空間パターンへの光照射等の外部摂動の影響や、マイクロエマルションやゲルを反応場として用いることによる反応と拡散速度の空間パターンへの影響の検討とその発現機構の解析および環境負荷が小さいカルシウムやマグネシウム塩を用いたLiesegang現象によりゲル中で形成される沈殿パターンへの濃度や添加剤、ゲルの物性、pHの影響の検討。

主な著書・論文など

区分 共著/Rumana A. Jahan, Kosuke Suzuki, Hitoshi Mahara, Satoshi Nishimura, Takashi Iwatsubo, Akiko Kaminaga, Yasuhiko Yamamoto, Tomohiko Yamaguchi
著書・論文名等/Perturbation mechanism and phase transition of AOT aggregates in the Fe(II)[batho(SO3)2]3-catalyzed aqueous Belousov-Zhabotinsky reaction
掲載誌・発行所等/Chem. Phys. Lett.
発行年月/2010

区分 共著/Miyuki Matsuda, Akiko Kaminaga, Katumitu Hayakawa, Noboru Takisawa, Tohru Miyajima
著書・論文名等/Surfactant Binding By Humic Acids In The Presence Of Divalent Metal Salts
掲載誌・発行所等/Colloids Surf. A
発行年月/2009

区分 共著/Akiko Kaminaga, Vladimir K. Vanag, Irving R. Epstein
著書・論文名等/A Reaction–Diffusion Memory Device
掲載誌・発行所等/Angew. Chem. Int. Ed.
発行年月/2006

区分 共著/Akiko Kaminaga, Vladimir K. Vanag, Irving R. Epstein
著書・論文名等/Wavelength Halving in a Transition between Standing Waves and Traveling Waves
掲載誌・発行所等/Phys. Rev. Lett.
発行年月/2005

区分 共著/Akiko Kaminaga, Vladimir K. Vanag, Irving R. Epstein
著書・論文名等/"Black spots" in a surfactant-rich Belousov-Zhabotinsky reaction dispersed in a water-in-oil microemulsion system
掲載誌・発行所等/J. Chem. Phys.
発行年月/2005

所属学会

・日本化学会
・電気化学会
・非線形反応と協同現象研究会

教員一覧に戻る

鹿児島大学理学部案内

DOWNLOAD
PAGE TOP