教員紹介Researcher

助教加藤 太一郎

Dai-ichiro Kato

専門分野

  • 生物有機化学
  • 酵素機能化学
  • 生物発光化学
  • タンパク質工学

メッセージ

 皆さんは無限の可能性を持っています。その可能性を引き出せるか、秘めたまま終わるかは自分次第。チャンスを逃さず自分がこれだ!と思うことに一生懸命打ち込んで、誰も到達できない所まで深堀りしてみましょう。全力でチャレンジしているところへ新たなチャンスは訪れます。トライの繰り返しが皆さんの自信に繋がり豊かな人生へと導いてくれます。特に中学・高校時代は何にでも挑戦できる黄金期。勉強でも何でもせっかくやるならとことんまで突き詰めてみようよ!それが生物化学なら鹿児島大学へカモン!

鹿児島大学・理学部・理学科・生化学講座 (加藤G)のwebページへ 鹿児島大学研究者総覧の加藤のwebページへ

担当講義

  • 化学概論 (1期:1年生前期)
  • 有機化学基礎・生化学基礎 (2期:1年生後期)
  • 総合化学基礎実験 (3期:2年生前期)
  • 生化学III (5期:3年生前期)
  • 生化学実験 (5期:3年生前期)
  • 化学演習A・B (6期:3年生後期)
  • 化学論文講読 (7, 8期:4年生)
  • 化学特別研究 (7, 8期:4年生)

研究内容

 ナイロン分解とホタル生物発光に関わる酵素タンパク質の研究をしています。酵素タンパク質はアミノ酸が数十から数百個繋がってできていますが、触媒能力を発揮するためには決まった3次元構造を取り、基質(低分子化合物)と正しく相互作用する必要があります。この基質認識や触媒能力発現機構のカラクリを明らかにする研究を行っています。一方、バクテリオファージを用いたファージディスプレイ技術を駆使して、これまで世の中になかった新しい機能を持つタンパク質を創出することにもチャレンジしています。

主な著書・論文など

詳細は研究Gあるいは鹿児島大学研究者総覧のwebページにて確認ください。

所属学会

・日本生物工学会
・生体触媒化学研究会
・日本化学会
・日本農芸化学会

教員一覧に戻る

鹿児島大学理学部案内

DOWNLOAD
PAGE TOP