教員紹介Researcher

教授河野 元治

Motoharu Kawano

専門分野

  • 鉱物学
  • 粘土鉱物学
  • 環境化学
  • 鉱物-生命相互作用

メッセージ

 地球惑星の最大の特長は生命との共存にあります。地球と生命はきわめて長い地球史を通して相互に様々な反応を続けながら現在の姿へと進化してきました。そのため、地球の成り立ちや環境変遷、現在の地球環境を理解するには地球を構成する鉱物と地球に誕生した生命との反応を原子・分子レベルで解明していくことが大切です。我々人類は地球を離れて生きていくことはできませんので、地球についての理解は人類にとって最も重要な課題の一つであると考えています。多くの若者がこの分野で活躍されることを期待しています。

担当講義

  • 鉱物化学
  • 粘土鉱物学
  • 鉱物学・岩石学実験
  • 地学概論
  • 環境鉱物学特論

研究内容

 鉱物・生命相互作用の解明を目指した研究を続けています。具体的には、地球表層を構成する様々な珪酸塩鉱物や酸化物鉱物とバクテリア細胞や種々の生命起源有機分子(有機酸、アミノ酸、タンパク質、その他)との反応実験やシミュレーションによる反応計算を行って、鉱物の生成や溶解、転移や安定性、表面電荷や反応性などへの影響の定量的評価や鉱物表面と生命起源有機分子との反応メカニズムの原子・分子レベルでの解析を行っています。これらの研究を通して、生きている地球の本当の姿を理解することができます。

主な著書・論文など

区分 共著/共著
著書・論文名等/Adsorption of Cs+ and IO3- ions by pseudoboehmite before and after the decomposition of citrate adsorbed on its surface.
掲載誌・発行所等/Clays and Clay Minerals・The Clay Minerals Society
発行年月/2018

区分 共著/共著
著書・論文名等/Influence of low-molecular-weight dicarboxylic acids on the formation of calcium carbonate minerals in solutions with Mg2+ ions.
掲載誌・発行所等/Journal of Mineralogical and Petrological Science・Japan Association of Mineralogical Sciences
発行年月/2018

区分 共著/共著
著書・論文名等/Effect of organic acids on the precipitation rate and polymorph of calcium carbonate minerals in solutions with Mg2+ ions.
掲載誌・発行所等/Clay Science・The Clay Science Society of Japan
発行年月/2014

区分 共著/共著
著書・論文名等/Roles of microbial acidic polysaccharides in the precipitation rate and polymorph of calcium carbonate minerals.
掲載誌・発行所等/Applied Clay Science・Elsevier
発行年月/2011

区分 共著/共著
著書・論文名等/Enhancement of dissolution rates of amorphous silica by interaction with bovine serum albumin at different pH conditions.
掲載誌・発行所等/Clays and Clay Minerals・The Clay Minerals Society
発行年月/2010

所属学会

・日本鉱物学会
・日本粘土学会
・日本地球化学会
・アメリカ鉱物学会
・アメリカ粘土鉱物学会

教員一覧に戻る

鹿児島大学理学部案内

DOWNLOAD
PAGE TOP