教員紹介Researcher

准教授松本 詔

Sho Matsumoto

専門分野

  • 表現論
  • 組合せ論
  • ランダム行列理論

メッセージ

 現代数学は膨大でとても難しいものですが、物の個数を数えたり、数や空間の性質を調べたり、様々な現象のパターンを定式化することであるという本質は変わらないと思います。そして数学を学ぶとき、「納得」は全てに優先します。数学は科学の中でも自分が納得のいくまでとことん考えることができます。証明の些細なステップが気になって四六時中考えることも珍しくありません。そのようなじっくり考えることが得意な人、好きな人は、ぜひ数理情報科学プログラムで数学をとことん勉強してみましょう。

ホームページへ

担当講義

  • 確率・統計I
  • 解析学I
  • 解析学II

研究内容

 対称群やコンパクト群の代数的な性質と同時に、群が大きくなるときの漸近的・解析的性質に興味を持っています。対称群の表現から定まるランダムヤング図形の挙動を、対称関数や行列式などの性質を通じて調べ、さらにヤング図形のサイズが大きくなるときの挙動を、確率論を用いて評価しています。ランダム行列をはじめ、一見違う対象物に対しても漸近的に似た現象が見られるため、それらの類似または差異の発見や証明に取り組んでいます。

主な著書・論文など

区分 単著/Sho Matsumoto
著書・論文名等/ A spin analogue of Kerov polynomials
掲載誌・発行所等/Symmetry, Integrability and Geometry: Methods and Applications (SIGMA)
発行年月/ 2018

区分 共著/Sho Matsumoto and Jonathan Novak
著書・論文名等/Jucys-Murphy elements and unitary matrix integrals
掲載誌・発行所等/International Mathematics Research Notices
発行年月/ 2013

区分 共著/Benoit Collins and Sho Matsumoto
著書・論文名等/On some properties of orthogonal Weingarten functions
掲載誌・発行所等/Journal of Mathematical Physics
発行年月/ 2009

区分 単著/Sho Matsumoto
著書・論文名等/Jack deformations of Plancherel measures and traceless Gaussian random matrices
掲載誌・発行所等/Electronic Journal of Combinatorics
発行年月/ 2008

区分 単著/Sho Matsumoto
著書・論文名等/Correlation functions of the shifted Schur measure
掲載誌・発行所等/Journal of Mathematical Society of Japan
発行年月/ 2005

所属学会

・日本数学会

教員一覧に戻る

鹿児島大学理学部案内

DOWNLOAD
PAGE TOP