教員紹介Researcher

教授宮本 旬子

Junko Miyamoto

専門分野

  • 植物系統学

メッセージ

 森林は地球の陸地面積の3割にすぎず,日本列島のように温暖多雨で緑が多い地域は世界的に貴重です。鹿児島には冷温帯から亜熱帯に相当する環境があり,希少な固有種を含む約3000種類の在来植物と約500種類の外来植物が確認されています。多様な草木がどこから来ていかなる進化をとげたか,現在どんな生活をしていて将来どうなる可能性があるか,現地調査や実験的手法によって探ることができます。地元の野生植物の知られざる実像を世界に発信し,次世代に語り継ぐ人を目指してみませんか?

鹿児島大学研究者総覧

担当講義

  • 生物学概論
  • 多様性生物学基礎
  • 現代生物学
  • 植物形態学
  • 植物系統学
  • 生物学実験
  • 多様性生物学実験
  • 生物学演習
  • 生物学論文講読
  • 生物学特別研究
  • 理科教材研究法III
  • Advanced Phylogenetic Botany

研究内容

(1)日本列島および周辺地域に自生する単子葉植物:シュロソウ科Melanthiaceae,ユリ科Liliaceae,ヤシ科Arecaceae,タコノキ科Pandanaceae,イネ科Poaceae,バショウ科Musaceaeなどの,外部形態・染色体・DNAレベルの多様性に関する研究。(2)奄美群島の希少植物の分布および遺伝的変異に関する研究。(3)鹿児島県の外来植物の分布およびDNA鑑定に関する研究。

主な著書・論文など

・著書(分担執筆).鈴木英治・宮本旬子.南西諸島における島嶼間の植物相比較.In: 奄美群島の野生植物と栽培植物.鹿児島大学生物多様性研究会(編).南方新社.2018年3月.
・著書(分担執筆).Miyamoto J. Paris, Kinugasa. In: Flora of Japan IVb (Iwatsuki K., Boufford D. E. & Ohba H. eds.) Kodansha Ltd. Mar., 2016.
・著書(分担執筆).宮本旬子.タコノキ科,バショウ科.In: 改訂新版 日本の野生植物1.大橋広好・門田裕一・邑田仁・米倉浩司・木原浩(編).平凡社.2015年12月.
・論文(共著).Susanti R. & Miyamoto J. A new species of Pandanus (Pandanaceae) from the Daito Islands of Japan. Acta Phytotaxonomica et Geobotanica. 60 (2): 71—78. Sep., 2009.
・論文(共著).Maeda Y., Miyamoto J., Ozaki K., Moriguchi M. & Kakishita A. Natural distribution of Lilium alexandrae (Liliaceae) in Amami Islands of Ryukyu Archipelago, Japan. The Journal of Phytogeography and Taxonomy 57 (2): 77—87. Dec., 2009.

所属学会

・日本植物学会
・日本生物地理学会
・日本植物分類学会
・日本蘚苔類学会
・日本地衣学会
・日本DNA多型学会

教員一覧に戻る

鹿児島大学理学部案内

DOWNLOAD
PAGE TOP