教員紹介Researcher

教授新留 康郎

Yasuro Niidome

専門分野

  • ナノ粒子化学
  • コロイド界面化学
  • ナノバイオサイエンス

メッセージ

 化学を学ぶということは、物質を知るということです。この世界を作っている物質は多種多様ですからたくさんのことを覚えなければならないのですが、大学で学ぶ化学は「暗記物」ではありません。実際のところ、暗記でカバーできるほど世界は単純ではありません。基本をしっかり学び、知識を自在に応用できる「柔らかい頭」を身につけて下さい。

研究室のホームページへ

担当講義

  • 量子化学I
  • 量子化学II

研究内容

 私たちは「ナノ粒子」を研究しています。ナノ粒子とはマイクロメートルよりさらに小さな粒子のことです。このサイズの粒子を使って病気の診断や、環境リスクを評価する「バイオプローブ」を作るのが私たちの研究の目的です。目に見えないほど小さい粒子をきちんと形を整えて作る技術、さらにプローブとして使えるようにタンパク質などの機能性分子を表面に固定する技術の開発を行っています。新しいサイエンスと技術を楽しみながら作る、そういう研究グループでありたいと思っています。

主な著書・論文など

区分 共著/
著書/プラズモンと光圧が導くナノ物質科学、第10章、金ナノロッドの大量調製と表面修飾
発行所/日本化学会編 化学同人
発行年月/2019年4月

区分 共著/
論文名等/Plasmon-Enhanced Two-Photon Excitation Fluorescence of Rhodamine 6G and Eu-diketonate complex by Picosecond Diode Laser
掲載誌/Analyst, 2019, Vol. 144, No. 13, pp. 4045-4050. DOI: 10.1039/c9an00247b
発行年月/2019年6月

区分 共著/
論文名等/Imaging Mass Spectrometry of Gold Nanoparticles in a Tissue Section as an Immunohistochemical Staining Mass Probe
掲載誌/Journal of Mass Spectrometry, 2018, Vol. 54, No. 1, pp. 1-6. DOI: 10.1002/jms.4290
発行年月/2018年9月

区分 共著/
論文名等/Ultra-High Sensitivity Detection of Gold Nanorods on a Blotting Membrane by Laser Induced Desorption/Ionization of Gold Ions
掲載誌/Analytical Methods, 2017, Vol. 9, No. 7, pp. 1177-1184. DOI: 10.1039/C6AY03315F
発行年月/2017年1月

所属学会

・日本化学会
・ナノ学会
・質量分析学会
・応用物理学会

教員一覧に戻る

鹿児島大学理学部案内

DOWNLOAD
PAGE TOP