教員紹介Researcher

助教鬼束 聡明

Satoaki Onitsuka

専門分野

  • 有機金属化学
  • 有機合成化学
  • ナノ材料化学
  • キラル化学

メッセージ

 自然界を構成するさまざまな「物質」について,その構造・性質・相互作用の本質を「化学」を通じてより深く探求し,この世界の「理(ことわり)」を明らかにしていきましょう。大学の化学では,いろいろな研究分野からアプローチすることによって,その本質を学んでいきます。さらに,機能性材料・医薬品などの開発や,生命機能・自然現象など解明といった応用研究を通じて,実社会に貢献をもたらす研究も行っています。ぜひ,様々な分野を総括して学ぶことができる鹿児島大学理学部理学科で一緒に学びましょう。

担当講義

  • 有機化学IV
  • 有機化学実験
  • 理科教材研究法I

研究内容

 世界最小のものづくり、「有機合成化学」を軸に、ものを作るための「新規合成法の開発」と、有機合成の力を活かした「新規機能性有機材料の開発」を行っています。また,実像と鏡像の世界(光学活性化合物)を取り扱う「キラル化学」に力を入れています。

主な著書・論文など

1) S. Onitsuka, T. Hamada, H. Okamura, “Preparation of Antimicrobial Gold and Silver Nanoparticles from Extracts of Tea Leaves”, Colloids and Surfaces B: Biointerfaces, Vol. 173, pp. 242-248. 2019年1月
2) K. Maeda, T. Hamada, S. Onitsuka, H. Okamura, “Total Synthesis of the Claimed Structure of (±)-Hyptinin and Structural Revision of Natural Hyptinin”, Journal of Natural Products, Vol. 80, No. 5, pp. 1446-1449. 2017年10月
3) M. I. Mohie, Y. Takenoshita, T. Hamada, S. Onitsuka, H. Okamura, “Spontaneous Preparation of Highly Stable Gold Nanoparticle Stabilized with ω-Sulfonylated alkylsulfanylaniline”, Journal of Oleo Science, Vol. 66, No. 12, pp. 1349-1354. 2017年4月
4) R. Ohira, T. Hamada, S. Onitsuka, H. Okamura, “Base- catalyzed Asymmetric Diels-Alder Reaction of N-Nosyl-3-hydroxy-2-pyridone with a Chiral Acrylate, and Its Application to the Synthesis of Aminocarbasugars”, GSTF Journal of Chemical Science, Vol. 2, No. 1, pp. 16-20. 2015年10月
5) S. Onitsuka, Y. Z. Jin, A. C. Shaikh, H. Furuno, J. Inanaga, “Silica Gel-Mediated Organic Reactions under Organic Solvent-Free Conditions”, Molecules, Vol. 17, pp. 11469-11483. 2012年9月

所属学会

・日本化学会
・有機合成化学協会
・日本希土類学会

教員一覧に戻る

鹿児島大学理学部案内

DOWNLOAD
PAGE TOP