教員紹介Researcher

教授髙桑 繁久

Shigehisa Takakuwa

専門分野

  • 電波天文学
  • 天体物理学
  • 星、惑星系形成
  • 電波干渉計

メッセージ

 大学では、自分のやりたい勉強を思いっきりできます。私は、宇宙、天体物理の面白さを皆様にお伝えできればと思っております。宇宙、天体物理に興味がある方はぜひ鹿児島大学に入学してください。

担当講義

  • 恒星銀河天文学
  • フーリエ解析
  • 天体観測実習
  • Advanced Study of Star and Planet Formation

研究内容

 南米チリのアタカマ砂漠に建設された世界最大の電波望遠鏡Atacama Large Millimeter/submillimeter Array (ALMA)や、ハワイ島マウナケア山頂の電波望遠鏡SubMillimeter Array (SMA)など、世界の電波望遠鏡を用いた、星、惑星形成領域の観測的研究を行なっている。年齢が10万―100万年程度の生まれて間もない星の赤ちゃん「原始星」の周りで惑星形成の源となるガスと塵の円盤がどのように形成されるのか、さらにその円盤がどのように進化して惑星を生むのかを、観測から直接明らかにする。

主な著書・論文など

区分 共著/
著書・論文名等/ Possible Counterrotation between the Disk and Protostellar Envelope around the Class I Protostar IRAS 04169+2702
掲載誌・発行所等/Astrophysical Journal 865巻 51号
発行年月/2018年9月

区分 共著/
著書・論文名等/ Spiral Arms, Infall, and Misalignment of the Circumbinary Disk from the Circumstellar Disks in the Protostellar Binary System L1551 NE
掲載誌・発行所等/Astrophysical Journal 837巻 86号
発行年月/2017年3月

区分 共著/
著書・論文名等/ Dispersing Envelope around the Keplerian Circumbinary Disk in L1551 NE and Its Implications for Binary Growth
掲載誌・発行所等/Astrophysical Journal 814巻 160号
発行年月/2015年12月

区分 共著/
著書・論文名等/ Angular Momentum Exchange by Gravitational Torques and Infall in the Circumbinary Disk of the Protostellar System L1551 NE
掲載誌・発行所等/Astrophysical Journal 796巻 1号
発行年月/2014年11月

区分 共著/
著書・論文名等/ A Keplerian Circumbinary Disk around the Protostellar System L1551 NE
掲載誌・発行所等/Astrophysical Journal 754巻 52号
発行年月/2012年7月

所属学会

・日本天文学会

教員一覧に戻る

鹿児島大学理学部案内

DOWNLOAD
PAGE TOP